談話室 RSSフィード
 

ツリー全部最新の50件前後を読む

24ululunululun   個人的な意見

moralaturgieさん

あと、私自身の関心として、今現在ブロゴスフィアに存在するものを網羅的にまとめる(Googleの発想がそうですが)ことよりも、発信能力をもったブログに注目してさらに情報発信を促進させるといった未来指向(?)のところがあります。これはsantaro_y氏の年末記事で喜ばれたり、週刊!木村剛の木村氏に感謝される原因にもなっているわけですが、未だ登録から漏れている多くのブログ主さんたちにとっては不満…といいますかウェブログ図書館企画の価値を認めにくい理由になっているのではないかと思われる次第です。

実は私は全く逆の考えで、全てのエントリは分類の前に平等である、と考えています。

情報を取捨選択し、情報に価値を与えるのは読み手ですが、書籍であれウエブ上に存在する情報であれ、そこに価値を見いだすのは読者であり、司書ではないと考えます。

ウェブ司書ウェブ上に存在する森羅万象を分類、整理する事に徹すれば良いのではないでしょうか。


?Bが面白いな、と思うのは私のような昨日今日にブログを始めた人間の記事でも所謂大御所の上風呂ルでもクリップされる可能性がある事だと考えています。

?Bには3get問題というものがあります。

通常、3人以上の人間が一定時間以内にクリップをしなければ「人気のエントリ」にあがってきません。

しかしながら例えば私が司書としてクリップしたエントリは私が一人でクリップしても[NDCn]タグでクリップしておけば見つけられる可能性がありますよね。


図書館の面白さ、楽しさの一つに「探している本の近くにある本を俯瞰する」というものがあります。これはジュンク堂なんかのデカい書店でも体験出来る事なのですが、探したい書籍の近所には似たテーマを取り扱う書籍が並んでいて、これを見て回ると自分の見識を深めるきっかけとなるのです。検索でナレッジにたどり着くと、それが出来ない。これは利便性は上がるけれど見識を広める事には役立たない。

勿論他のタグにも上記に上げられた効果はありますが、NDCで分ける事で更にその横断する効果を深める事が出来る、と私は確信している次第です。

NDCで取り上げたエントリの書き手の情報発信力があがるのかは私にはわかりません。

ソシアルブックマークをする時の私の姿勢は「誰が書いたか」ではなく「何が書かれているか」だからです。


まー、そゆ意味で個人的には閉架国会図書館より、少しでも開架のある都立中央のほうが好き。

都立中央は広尾にあって近所の食い物屋だとかナショナル麻布スーパーマーケットだとかが面白い、というのもあるけれどもw


santaro_yさん>

記事の消失について

これにつきましては、個人ブログだけではなくニュースアーカイブスなどでも同様の事がいえると思います。

で。これを解決する手段として有用だろう、と思われるサイトとして

ウェブ魚拓 http://megalodon.jp/print.php」があるのではないだろうか、と思われます。

こちらのサイトにクリップしたサイトのURIをつっこんで生成しますとウエブアーカイヴスの簡易版が出来るそうです(試していません)

個人ブログを何処まで保存して良いのか、という問題はナレッジや著作権とは別にモラルの問題もあるとは思いますが、個人的にはクリップした時点でモラル的な一線を越えてしまっているだろうなあとは思っています。

書籍の世界では著者の手によって絶版された書籍国会図書館などでどのような扱いになっているかは[NDC014.1 図書選択]あたりに区分される事案ですかね?

ちなみにウエブアーカイブスの本家?は http://www.archive.org/です。

返信2006/01/02 09:33:48
  • 24個人的な意見 ululunululun 2006/01/02 09:33:48
    moralaturgieさん あと、私自身の関心として、今現在ブロゴスフィアに存在するものを網羅的にまとめる(Googleの発想がそうですが)ことよりも、発信能力をもったブログに注目してさらに情 ...
    • 32Re:個人的な意見 moralaturgiemoralaturgie 2006/01/08 09:44:29
      NDCで取り上げたエントリの書き手の情報発信力があがるのかは私にはわかりません。 ソシアルブックマークをする時の私の姿勢は「誰が書いたか」ではなく「何が書かれているか」だからです。 確か ...