談話室 RSSフィード
 

ツリー全部最新の50件前後を読む

29santaro_ysantaro_y   とりあえずオレの認識

あ~いやオレは面白いです。前提としてどうかってところはグダグダしがいがあるというか色々思うとこあるので。

http://d.hatena.ne.jp/santaro_y/20050704/p1

まずここで書いたんですけどオレは「SBM民主的」「ウェブログ図書館独裁的」と考えてます。

SBMというかタグによる分類の新しさとか可能性とか知ってホント面白いなーと思ってる。はてブもスゴイ興味深く見てるんですけど、でもウェブログ図書館はそういう流れにむしろ逆行してるなと。そういう風に捉えてます。でだからこそ面白いという。

オレの頭の中ではこの二つは両極端に位置してて(エントリ単位の分類として)んで新しい方は注目されやすくていいんだけどもでも逆側の端っこがホントは同じぐらい大事というかむしろ重要なんじゃないかと考えてるのです。こういうの振り子理論っていうのかなw

そういうわけでウェブログ図書館にはSBMとは徹底的に逆方向に行って欲しいなと。手続きが民主的である必要はないし『情報に価値を与えるのは読み手』というululunさんの話もこれはブログ本位で考えるとまさしくオレも同意見で逆にいうと定まった分類なんてないのだとも思ってるんですけど、でもウェブログ図書館は評価込み、価値付け的意味合いがあっていいかなと。それこそ独断と偏見で。

ってことでオレのブクマNDCタグの使い方の基本は推薦ですね。まぁこれはそもそもNDC分類について殆ど知らないからでもありますが今のとこはそういう使い方で最終的評価は館長に丸投げです。

あと『森羅万象を分類、整理』ということではそもそも本と違って何のフィルターも掛かっていない書き手がいくらでも存在するブログをそれもエントリ単位でやるのは人力ではちょっと無理かなと。もしそれやるとしたら一つの理想はNDCというものの存在を広めて書き手にもやってもらうのがいいのかなとか。

その場合、森羅万象の把握にはそれなりの手間暇がかかり、分類・整理者の公共奉仕的な性質が問われるとすれば、近頃流行の「小さな政府」に通じる発想だと思いますが、そのコストは誰がどうやって負担するのかなっていうナゾはあります。

あと館長のこれなんですけどウィキペディアはどうなんでしょうか?百科事典もまさしく森羅万象を把握しようという試みであれは一つの理想的解、ということになってますよね。色々問題はあるみたいですけどコストは限りなく0に近いという。

あ~何か色々書いてしまってすんません。

返信2006/01/04 05:05:26
  • 29とりあえずオレの認識 santaro_ysantaro_y 2006/01/04 05:05:26
    あ~いやオレは面白いです。前提としてどうかってところはグダグダしがいがあるというか色々思うとこあるので。 http://d.hatena.ne.jp/santaro_y/20050704/p1 ま ...